睡眠薬とは?

睡眠薬とは一種の軽い麻酔のようなものです。 薬によって中枢神経系や大脳の働きを低下させ、 脳の眠りやすい状態に導きます。

ただし使いすぎると深い眠りを得ることができなくなります。

その結果、目が覚めたときに寝不足感(イライラ)、脱力感(ダルさ)を感じるようになります。

さらに使用し続けると、吐き気やめまい、頭痛といった副作用が出てしまいます。 使用には十分な注意が必要です。

次へ⇒