食生活で快眠効果UP!!

快眠するためには大きく2つの食べ物が必要です。

1つ目はタンパク質を多く含む食べ物です。タンパク質は、眠気を誘うソラトニンというホルモンの元となっています。 タンパク質を多く含む食品は、大豆製品、牛乳、チーズなどの乳製品、そして肉類などです。

2つ目はカルシウムを多く含む食べ物です。 カルシウムは鎮静作用があり、気持ちを落ち着かせて眠りへと誘ってくれます。 カルシウムを多く含む食品は牛乳やチーズなどの乳製品、干し海老やワカサギなどの魚介類、ひじきや胡麻などがあります。

しかし「カルシウム」や「タンパク質」を多く含んでいる食品ばかりを食べれば、良いというものではなく、 バランスのとれた食事がなにより快眠に大切です。

また快眠のためには基本的に就寝前の食事は禁物です。

それでもお腹が空くときはありますよね。 お腹が空いたときは、ホットミルクをカップ1杯飲むのが良いでしょう。 牛乳に含まれるトリプトファンとう成分が体内で睡眠物質に変わり眠気を誘います。

次へ⇒